株式会社 関西ステンレスセンター

株式会社 関西ステンレスセンター

40年以上にわたる経験と実績の精密切断

私たち株式会社関西ステンレスセンターは、我が国鏡板トップメーカーである北海グループの一員として、40年以上にわたる経験と実績を活かし、レーザー・プラズマによる精密切断、シャーリング加工までの一貫したステンレス専門加工メーカーとして、幅広くお客様のご要望にお応えしています。高品質な製品をより早く、さらに使い易く、ステンレス加工の更なる可能性を追求します。

ご挨拶

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

(株)関西ステンレスセンターは2020年5月に創業50周年を迎える運びとなりました。これもひとえに、みなさま方の温かいご支援の賜物と深く感謝申し上げます。

当社は北海グループ創業者 林 泰俊 がステンレスの将来性を鑑み、「より良いステンレス材料をより早く供給する」ことを趣旨とし、1970年9月に丸紅株式会社と日本金属工業株式会社に参画要請し設立いたしました。1981年に北海グループが経営権を取得した後は、北海の理念「安心と信頼」を信念とし、グループの一員として歩みながら、「レーザー・プラズマによる精密切断」、「シャーリング加工」など、自社独自の新しい技術開発をすすめ、ステンレスの専門加工メーカーとして品質、サービスの向上に努めてまいりました。

時代の変化とともに、お客様のニーズも幅広くなっており、柔軟かつ先進的な対応が必要となっております。こうした変化の中にも、お客様第一主義を掲げ「常にお客様あってこそ成り立っている」をモットーに、迅速な対応に努め、高品質な製品の供給を目指しております。

これからも「感謝」の気持ちを常に持ち続け、さらなる挑戦と発展に尽力し、これまで以上にお客様のお役に立てるよう社員一同全力で努力する所存です。今後ともより一層のご支援、ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

株式会社関西ステンレスセンター
代表取締役社長
林 俊夫

会社概要

会社名 株式会社 関西ステンレスセンター Kansai Stainless Center Co., Ltd.
所在地 〒596-0013 大阪府岸和田市臨海町7番地5
TEL 072-437-1731
FAX 072-436-0500
アクセスマップ
資本金 30,000,000円
役員 代表取締役社長 / 林 俊夫
取締役 技術・品質担当 / 中岸 光善
取締役 工場長 / 篠田 武志
取締役 非常勤 / 林 孝彦
取締役 非常勤 / 佐々木 賢一
執行役員 統括部長 / 兵頭一美
監査役 / 福本 栄一
従業員数 38名
工場規模 6,612 m²
事業内容 ステンレス及び各種鋼材の加工並びに販売
設立日 昭和45年(1970年) 9月24日
取引銀行 商工組合中央金庫 大阪支店
池田泉州銀行 泉州営業部
三菱東京UFJ銀行 岸和田支店

主要設備

レーザー切断機

  • ファイバーレーザー切断機
    8KW発信器搭載型ファイバーレーザー切断機

    8KW発信器搭載型ファイバーレーザー切断機

    切断有効幅:3,200mm
    切断有効長:29,000mm
    板厚:sus15t アルミ25t

    5KW発信器搭載型ファイバーレーザー切断機

    5KW発信器搭載型ファイバーレーザー切断機

    切断有効幅:3,200mm
    切断有効長:19,500mm
    板厚:sus10t アルミ20t

  • CO2レーザー切断機
    6KW発信器搭載型CO2レーザー切断機

    6KW発信器搭載型CO2レーザー切断機

    切断有効幅:4,050mm
    切断有効長: 13,700mm

    4KW発信器搭載型CO2レーザー切断機

    4KW発信器搭載型CO2レーザー切断機

    切断有効幅:4,050mm
    切断有効長: 13,700mm

特 徴

・Zマーキング装置装備(パウダーマーキング)
・SUSクリーンカット
・SUS切断板厚1〜28mm
・SUS高圧切断/超速ピアシング等の機能装備により厚板のタップ穴やボルト穴等の小円に対しても高
 品質の切断が行えます。

従来のレーザー機とは違う切断面(6KWレーザーの品質) 従来の切断面

プラズマ切断機

  • 溶射式マーキング装置搭載
    溶射式マーキング装置搭載

    溶射式マーキング装置搭載

    有効切断範囲
    板厚:25mm
    最大幅:2,500mm
    最大長:10,000mm

    特徴
  • 大型NCプラズマ切断機ドライ
    大型NCプラズマ切断機(250A)ドライ

    有効切断範囲
    板厚:sus65t
    最大幅:4,100mm
    最大長:15,000mm

    特徴

端材の有効利用

北海グループの鏡板やモニュメントなどに使用されるステンレス材料の生産工程では、多数の三角材や端材が発生します。
中でも2,3,4,5,6,8,9,10mmの板厚の保管・管理を行い、北海の鏡板をお使いいただいているお客様のコスト削減にお役立ていただいております。(チタン・ハステロイ・インコロイ・アルミなど、 非鉄金属の切り板・端板加工も手がけています。)

端材の有効利用

上記イメージのように発生した材料を有効活用し、良質の材料を安くお届けしています。

アクセスマップ

株式会社 関西ステンレスセンター

〒596-0013
大阪府岸和田市臨海町7番地5
TEL 072-437-1731
FAX 072-436-0500

岸和田エリアへのアクセス