2018年度創業記念式典

ゲストスピーカー
				世界3階級制覇王者 長谷川穂積氏 「プロフェッショナルとは」

2018年4月28日、北海グループ創業記念式典が岸和田市立浪切ホールで開催されました。今年72年目を迎えた創業記念式典のゲストスピーカーとして、元プロボクシング世界3階級制覇王者の長谷川穂積氏をお招きし、北海グループの2018年度の重点方針である「プロ意識で時代を切り拓く」に沿った、「プロフェッショナルとは」をテーマにご講演いただきました。

林社長の挨拶

林社長

さらなる高みを目指してプロ意識で時代を切り拓く。

今年も北海グループ社員一同で創業記念日をお祝いできたことは、お客様はもとより、日頃お世話になっている代理店様、お取引先様、協力会社様のおかげと心より感謝申し上げます。昨年度はグループが一体となり、中期経営目標であるKeep10を推進し、グループ連結での経常利益10億円を達成することができました。今年は新たにExceed10を重点方針とし、さらなる高みを目指してまいります。

目標を必ず達成させるために、社員が一丸となって取り組んでいることが3つあります。

一つは心から相手に喜んでもらいたいというホスピタリティを身に付けること。お客様のみならず、ご家族や職場の同僚など、自分のまわりの全ての人に喜んでもらえるような、最高のホスピタリティを目指しています。

二つ目はイノベーションへの挑戦です。今日よりも明日、明日よりもあさって、社員一人ひとりが意識の変革と技術革新に果敢に挑戦していかなくては、時代に即した企業変革を実現することはできません。決して現状に満足することなく、常に前向きに行動する。私達は、ずっとそんな集団であり続けたいと考えています。

三つ目はウィルパワーの実践です。今年北海が創業72周年を迎えることができたのは、創業者である林泰俊の「決めた目標は何が何でも達成させる」という、強い意思力とその実践があったからこそだと確信しています。その創業精神を社員がしっかり受け継いで、取引先様ならびに関係者の皆様に信頼され、必要とされるよう企業全体で邁進してまいります。

今後とも、皆様により一層のご支援、ご愛顧を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

長谷川穂積氏の講演

感動や勇気を与えられるプロフェッショナルに!

2005年、当時無敵と言われたチャンピオンを打ち破り、世界の頂点に立った長谷川穂積さん。妥協を許さないハードな練習と減量を乗り越え、「日本のエース」「絶対王者」と呼ばれるようになり、10度の防衛に成功しました。2016年、35歳で再度世界に挑戦。長谷川さんの気迫が29歳の世界王者を上回り、日本人最年長での世界王者を獲得しました。
超高速の連打と絶妙なカウンターパンチ、卓越したディフェンステクニックとスピードで、世界3階級制覇王者となった長谷川穂積さんに、ボクシングを通じて学んだ“挑戦する人生”について講演していただきました。

技術よりも気持ちで勝つことが大切

長谷川 「デビューしてから3戦目にアマチュアの社会人チャンピオンと試合をしたんです。試合前から勝てるはずがないと思っていたので、案の定負けてしまいました。2年後に再度その選手と試合をしたのですが、技術では勝てなくても気持ちで負けるものかとリングにあがったところ、気迫が伝わったのか判定勝ちに。それ以来、試合で負けないようになりました。」

好きなことをしていたらチャンピオンに

長谷川 「好きなことを一生懸命した結果、チャンピオンになっただけです。練習は本当に大変。けれど、試合をして勝ったときの達成感はなにものにも変えられないぐらいでした。2014年に母が亡くなったとき、『この試合に勝ちたい』ではなく、『この試合に勝たなければ僕の人生はない』という思いに変わりました。勝つことしか頭になかった。それぐらいの気持ちで戦っていました。」

失敗をプラスに変える

長谷川 「2016年9月に日本人最年長で世界王者となったのですが、実は試合の45日前に親指を脱臼骨折したんです。骨折が分かったときは、これで試合ができるのかと焦ったのですが、逆の発想をして気持ちを切り替えました。『親指を怪我したからこそ、バランスを意識した練習ができて勝てました』。そう優勝インタビューで答えている自分をイメージしたんです。試合は思い通りの結果となりました。」

社員の皆さんに伝えたいこと

■仕事を好きになる
結果を出すには、まずは自分の仕事を好きになることが大切。

■失敗を成功に変える
失敗をただの失敗で終わらさず、経験に変えることで成功に繋がる。

■目標を立てて口に出す
目標は言語化することで夢がかなう。言魂はある。

■自分に勝つことが成功の秘訣
自分自身に勝つことが真の強さ。克己心を持つことで成功に近づける。

■お客様に感動を与えるプロになる
プロフェッショナルとは、人に感動や勇気を与えられる人のこと。

ミット打ちを披露

講演後はステージでミット打ちを披露。社員5名と林社長もステージに上がり、長谷川さんのパンチをミットで受けたり、よけ方を試したりして、元世界王者のスピードを肌で感じました。

ミット打ちを披露
長谷川穂積 プロフィール

長谷川 穂積(はせがわ ほづみ、1980年12月16日 - )は、日本の元プロボクサー。兵庫県西脇市出身。真正ボクシングジム所属。1999年プロデビュー。第26代WBC世界バンタム級王者。第42代WBC世界フェザー級王者。第31代WBC世界スーパーバンタム級王者。世界3階級制覇王者。
主戦階級としたバンタム級では5年間世界王座に君臨し、その間10度の防衛に成功。また、4度の年間MVPを受賞しており、超高速の連打と絶妙なカウンターパンチ、卓越したディフェンステクニックとスピードを誇る。2016年12月9日、WBC世界スーパーバンタム級王者のまま引退を表明。通算戦績41戦36勝5敗(16KO)。

長谷川穂積

創業記念式典の様子

式典パンフレット

フットサル大会(東西対抗戦)

記念式典終了後に、有志によるフットサル大会(東西対抗戦)を行い、親睦を深めました。

フットサル大会(東西対抗戦)
  • フットサル大会
  • フットサル大会
  • フットサル大会
  • フットサル大会
  • フットサル大会
  • フットサル大会